子供の習い事(ピアノ教室)は投資と考える!親のサポートも必須。

子供に習い事ってさせていますか?

娘の習い事

私には保育園に通う4歳の娘がいます。

勉強以外で習い事させたいな~と考えていました。

ピアノか水泳が良さそうだと思っていました。

 

水泳は体力つきそうだし、小学校に入るまでに、少しでも泳げたほうがいいだろうと思ったからです。

(私は泳げません。学生の頃、プールシーズンの体育の成績は最悪でした…。)

 

ピアノはネットかテレビで、賢い子に育つみないな情報を目にしたからです。

(私はピアノは習ったこともないし、右手でチューリップやキラキラ星が弾ける程度です。)

 

娘に、プールとピアノどっちが習いたい問いかけると、即答でピアノと答えました。

 

さっそくネットで家から近いピアノ教室を探し始めました。

(めんどくさがりの私には、家から近いという選択肢は絶対条件です…。)

 

徒歩でも通えそうな距離に、ピアノ教室をみつけました。

体験レッスンの予約をして、その日をドキドキと待っていました。

当日、ピアノ教室で待っていたのは、若くてかわいらしい笑顔の素敵な女性の先生でした。

 

娘は場所見知りとと人見知りで、30分の体験レッスンの間、一言も発しませんでした。

 

帰りに、ピアノ教室の月謝やレッスン日程の案内をもらい帰宅しました。

 

娘にピアノ教室通ってみる?と確認したら、通いたい!というので、月謝が安くないですが、通わせてみることにしました。

ピアノに決定!月謝は投資と思う

ピアノ教室へ連絡し、レッスンの曜日や時間を決めました。

 

今は電話ではなく、メールで連絡できるのでとても便利ですね。

レッスンに必要なテキストもネットで注文し、いよいよ娘の初めての習い事の開始です。

 

週に一回30分のレッスンです。初回はピアノのドの位置の探し方、ト音記号等の説明をしてもらったような気がします。(あいまいですみません。)

 

娘は相変わらず、場所見知り、人見知りで、一言も声を発していませんでした。

 

帰りにピアノ続けられそう?と問うと、やりたいと答えていました。

 

まずは先生にきちんとあいさつするように注意し、レッスンを続けさせることにしました。

 

何回か通ううちに、娘も慣れてきて、あいさつもできるようになり、(やっとです…)レッスン中に笑顔がみられ、先生にも話しかけるなりました。(ホッとしました。)

 

全音符・二分音符・四分音符のリズム(いくつずつ数えるか)を、娘は理解できていません。

(私はレッスンを見守っていて理解しました。)

 

先生に家で練習する際に、お母さんのサポートも必要ですと言われました。

その時、初めて家でも練習をするんだ~!と気づきました。

(当たり前のことですよね!週一回30分のレッスンでは、簡単な曲ですら演奏できるようになるのは、すごい年月がかかりそうですよね…。)

正直、家で練習するのに、付き合うのはめんどくさいと思いました。

(でた~、何度目のめんどくさいという単語の登場でしょうか…。)

 

でも月謝の金額を考えたら、きちんと練習をさせて、次回のレッスンへ行かないと、月謝が無駄になってしまう!

安い金額ではないからもったいないと思いました。

 

そこで、毎日15分ずつ練習をさせることにしました。

15分という短時間がよかったのか、娘も嫌がらずにやってくれますし、めんどくさがりの私でも苦にならず習慣化できました。

 

たまには30分だったり、1時間だったり、逆に10分で練習を終わることもあります。

 

私がうまく説明できなかったりしたことを、レッスンに日に先生がわかりやすいような表現(動物の鳴き声でリズムを数えさせる)で教えてくれた時は、月謝を払ってレッスンを受けさせて良かった!と改めて思いました。

 

娘は相変わらず、覚えが良くないのですが、毎日練習はしています。

娘はレッスンが楽しみなようで、準備するのが早いです(笑)

 

お金を払っているという事で、私はかなり必死に娘のピアノの練習に付き合っています(笑)

 

先生の教え方もさすがだなと思うので、通わせて良かったと思っています。

 

最近ネットでお金の使い方には、消費と投資と浪費があるとみました。

 

ピアノのレッスン代は投資だと思いました!

さいごに

もし子供に習い事をさせるか悩んでいる方がいて、私のブログが参考になったら嬉しいです。

長い文章よんでくれてありがとうございました。

おすすめの記事