七夕ゼリーって何?簡単で人気のレシピを紹介!子どもと一緒に作ろう
スポンサーリンク

保育園に通う娘が月に1回持って帰ってくる献立表。

今日はお昼は三食ご飯なんだ~とか、今日のおやつは芋天ぷらなんだ~とか、献立表をみるのが楽しみです♪

私は行事に疎いのですが、娘を出産して保育園に通わせるようになってから、季節ごとの行事にも興味をもつようになりました。

毎年7月の七夕の日前後の献立表にゼリーとあります。

特に気にしていなかったのですが、何気にネット検索をしていて七夕ゼリーの存在を知りました。

  • 七夕ゼリーとは?
  • 七夕ゼリーのレシピ

七夕ゼリーについて調べて、実際に作った七夕ゼリーについてご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

七夕ゼリーとは何?

七夕の日に食べるゼリーのことです。行事食ではないようです。

七夕ゼリーという名前ですが、普通のゼリーです。

普通のゼリーより手の込んだキレイな形や色のゼリーのことです。

 

七夕ゼリーとはこういうものという決まった型はないようです。

星の形に型取りしたフルーツがゼリーの中に入っていたり、星型容器に入った三色の層のゼリーのことだったりと様々なようです。

 

七夕ゼリーは地域によってだけでなく、学校単位や年代によっても、給食に出たり出ていなかったりしているようです。

ちなみに私は生まれも育ちも九州で昭和生まれですが、七夕ゼリーの存在は知りませんでした。

 

七夕の時期って暑くなっていますし、子どもってほんとうにゼリー大好きですよね!笑

七夕にゼリーを食べるのは、子どもにとって楽しい思い出として記憶に残りそうで良い習慣だなと思いました。

スポンサーリンク

七夕ゼリーのレシピ

 

<七夕ゼリー☆簡単>

【材料】 (4人分)

  • 好きな炭酸 500ミリ
  • ゼラチン 10グラム
  • ☆透明な炭酸 100ミリ
  • ☆かき氷シロップ(ブルーハワイ) 大さじ1
  • ☆ゼラチン 3グラム
  • 寒天ゼリー 適量

【作り方】

  1. ☆の材料で青いゼリーを作る。
  2. ☆の材料を鍋に入れ火にかける。ゼラチンが溶けたらカップに入れて、あら熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。
  3. 青いゼリーの上に寒天ゼリーをのせる。
  4. 透明なゼリーを作る。(ゼラチンに好きな炭酸を入れる)さきほどのカップにゆっくり注ぐ。
  5. 冷えたら完成♪

 

透明なカップがなかったので、紙コップでつくったのですが…、透明のカップでつくることをオススメします。

 

<きらきらクラッシュ七夕ゼリー☆簡単>

【材料】 (5個分)

  • パウチ入りゼリー(クラッシュタイプの蒟蒻畑ライトやQooゼリー) 1個~お好みで
  • フルーツ缶など 1缶~お好みで
  • サイダー 適量

【作り方】

  1. パウチ入りゼリーをプリンカップに入れる。
  2. お好みのフルーツをのせる。
  3. サイダーを注いで出来上がり♪

 

星型のカップがなかったので、百均で購入した可愛らしい紙コップに、娘の好きなハートやプリンセスのシールを貼らせると大喜びでした。

もはや、七夕ゼリーではなく普通のゼリーのような気がします…。笑

 

<簡単ゼリー☆七夕にぴったり>

【材料】(4人分)

  • 牛乳 200ミリリットル
  • 粉寒天 4グラム
  • ゼラチン 10グラム
  • お湯 100cc
  • お好みのジュース 400〜450ミリリットル

【作り方】

  1. 牛乳を1分レンジでチン。
  2. 鍋に水・粉寒天を入れ、よく混ぜて加熱し沸騰後3分程煮立たせる。
  3. 火をとめ、2に1を加えて混ぜ、バットに流し入れて冷蔵庫で5分冷やす。固まったら、お好みの型で抜く。
  4. ボウルにお湯とゼラチンをいれ完全に溶かす。ジュースを入れてよく混ぜる。
  5. 4を器に流し入れて冷蔵庫で2時間以上冷やし固まったら、3をのせて出来上がり♪

 

娘はリンゴジュースが好きなのですが、色の見栄えを考えて強制的にオレンジジュースで作ってみました。笑

オレンジジュースで作って大正解でした!

次は野菜ジュースでも作ってみようと思いました♪

七夕ゼリー、作る前はめんどうだなと思っていましたが、百均で可愛いカップやシールを選ぶのはとても楽しかったです。

思っていたよりもの簡単にできて、見た目がキラキラしているので出来上がるとテンションアップします。笑

娘はホットケーキを作るよりも、ゼリー作りが楽しそうでした♪

スポンサーリンク

まとめ

七夕ゼリーとは

  • 七夕の日に食べるゼリーですが、行事食ではない。
  • 普通のゼリーより手の込んだキレイな形や色のゼリーのこと。

 

七夕ゼリーに限らず、ゼリーは作ってみると、簡単にできますし、なにより子どもが楽しそうにゼリーを作っていたので嬉しい気持ちになりました。

最後までお読みいただきありがとうございます!

スポンサーリンク
おすすめの記事