口内炎がとても痛かった…。○○〇でびっくりするくらいすぐに治りました。
スポンサーリンク

一か月程くらい前のことですが、お昼ご飯を食べていて間違って自分の下唇をかんでしまいました…。

「あっ、痛い」と思っていたのですが、特に気にすることなく食事を続けていました。

びっくりすることにお昼ご飯を食べている間に、下唇を数回もかんでしまっていたのです。

どうしてかわからないけど、誤って自分の口内をかんでしまうことってごくごくたま~にあるな~、不思議だな~と思う程度で、すぐに自然に治るものだと思っていました…。

スポンサーリンク

口内炎がなかなか治らず、痛みがつらい…。

すぐに治ると思っていた口の中の痛み。

ところが全然治る感じがせず痛みがひどくなっていき、食事をするのが苦痛になっていきました。

1週間位は家族にも口の中の痛みのことを話さずにいたのですが、あまりにも痛くてつい旦那や子どもに「間違って噛んでしまった口の中が痛い~、痛すぎる~」と泣き言を言ってしまいました。

すると旦那が、「口内炎ってほんとに痛いよね市販の口内炎の塗り薬って、驚くほどすぐに治るよ!」と言うのです。

私の口の中の痛みは間違って噛んでしまったものなので、口内炎ではないと思っていました。

勝手なイメージで口内炎ができるのは、栄養バランスのよくない食事が原因と思っていたからです…。

ネットで調べると、口内炎の原因は色々とありました。

口内炎かどうが疑問に思いながらも、痛みに耐えられずすぐにドラッグストアに口内炎の市販薬を買いに行きました!

スポンサーリンク

口内炎の市販薬を塗ると…

ドラッグストアの薬剤師さんに口内炎の薬がほしいと話をすると、何種類かの塗り薬をすすめてもらいました。

違いがわからなくて悩んでいたのですが、薬剤師さんがオススメの塗り薬と言っていたものを購入しました。

値段は千円もしませんでした。六百円か七百円位だったと思います。

口内炎なんて自然に治るものだと思っていたので、口内炎専用の薬があることに少し驚きました。

寝る前に、「早く痛みがなくなりますように…」と祈るような気持ちで口内炎の塗り薬を塗りました。

すると翌日…、まだ少し痛みがあるのですが前日と比べると痛みがひいているのです!驚きでした!!

翌々日は、完全に痛みがなくなっていて口内炎ができる前と同じような日常を送れるようになっていました!

(薬の効き目は個人差があると思いますが、口内炎の痛みがつらい方は塗り薬を試してみることをオススメします。)

一週間近くも痛みに耐えたりせず、さっさと塗り薬を塗っておけば良かったと思いました。笑

以前に周囲の人との何気ない会話で「口内炎が痛い…」と言っていても、「ふ~ん、自然に治るまで我慢するしかないのに。」くらいに思っていました。

自分が口内炎の痛みの辛さを経験したことで、今まで周囲の人の痛みを深刻に考えてあげたりせず軽く聞き流していたことに気づき、思いやりに欠ける言動をしていたなと反省しました。

思い返すと、以前に旦那がしょっちゅう口内炎ができているという話をしていたのに、親身になって話をきいていなかったことを思い出しました。反省しています…。

口内炎の痛みはかなりツラいですね。

私は口内炎の市販の塗り薬で、驚くほど良くなり痛みから解放されました!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事