PMS(月経前症候群)の悩みから解放されたいと思い続けて20年…

PMS(月経前症候群)って知っていますか?

女性なら知っている方の割合が多いのではないかと思います。

PMS(月経前症候群)とは、生理前から生理中のココロとカラダの不調のことです。

私は20代の頃からPMS(月経前症候群)で悩んでいて、現在40代なのですがかわらずに悩み続けています。

そろそろ更年期の症状もでてくるのではないのかと考えるととても不安です。

今回は、私のPMS(月経前症候群)の症状や改善するために試してきたことを書いていきます。

更年期障害のツラさを解消!ハッピー★ミドルライフ

私のPMS(月経前症候群)の症状

私のPMS(月経前症候群)の症状は、本当に色々でその月々でもかわってきますが、ズバリ一番ひどい症状はイライラです。

イライラ…、ヒステリーで、まわりの人に迷惑をかけてしまうことが多々あります…。

20代の頃から40代の現在までかわりません。

普段なら何気なく聞き流せることにも敏感に反応してイライラしてまい、反論までしてしまいます…。

私のPMSの犠牲者は、主に家族…旦那です。

ほんとうに申し訳ない気持ちでいっぱいですが、毎月同じことを繰り返しているような気がします…。

最近は、そろそろPMSの症状が出てきているなと思ったら、とにかく人と関わらないようにして、一人の時間をつくりのんびりするようにしています。

PMS(月経前症候群)のイライラ以外の他の症状としては、

  • 頭痛
  • やたらと眠い
  • 眠りが浅く眠れない
  • 腰がダルイ
  • 手足だけが冷える
  • 注意散漫になる(家事がいつも通り手際よくこなせない)
  • やけに神経質になり、掃除をしたくなる
  • 少しのことで泣きたくなる

私は生理の周期がだいたい28日なのですが、生理開始の14日前からPMS(月経前症候群)の症状が出始めます。

ひと月の半分は、心身ともに不調な状態です。

PMS(月経前症候群)の症状改善のためにやってきたこと

20代の頃からPMS(月経前症候群)の症状で悩んでいるので、自分なりに本やネットで調べてPMSの改善に効果があるかもしれないと思えたことを行動したりしています。

甘いものを控える・軽い運動をするなどです。

本やネットで情報を得た時は、これだ!と思い行動するのですが、意志が弱くて継続することがなかなかできません。

妊娠する前は、婦人科を受診して処方してもらった漢方薬を飲んだりしてきました。

漢方薬も継続しないと効果が期待できないようですね。

私は妊娠出産を機に、婦人科を受診することをやめてしまいました。(またまた継続できていません…)

今は子供も保育園に預けているので、少しは時間ができたので婦人科を受診して以前飲んでいた漢方薬をまた飲もうかなとも考えたのですが、病院の待ち時間を考えると受診する気になれません。

それで最近は、以前から気になっていた「命の母 ホワイト」をドラッグストアで購入し飲んでいます。

【ゆうパケットで送料無料】【5袋セット】【第2類医薬品】小林製薬 命の母 ホワイト 84錠×5

まだ飲み始めて二か月程で正直効果はわかりませんが、ドラッグストアやネットで手軽に購入できるので、続けていこうと今のところは考えています。

PMSの症状が出始めているなと思ったら、だいたい生理14日前なので「命の母 ホワイト」を飲んでいます。

今の私の心の拠り所になっています。笑

「1回4錠、1日3回毎食後に飲む」ことなら私にも継続できそうなので続けていきたいと思っています。

甘いものを減らして、軽いストレッチくらいはやっていこうと思っています。

半年ほどたったあとに、継続できているのかや症状について、また記事を書いていきたいと考えています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

更年期障害のツラさを解消!ハッピー★ミドルライフ

おすすめの記事