シングルタスクでストレスを手放す
スポンサーリンク

なんだか疲れやすい…、イマイチやる気が起きない…、イライラしやすい…、集中できない…、

なんてことはありませんか?

 

シングルタスクストレスを手放して、毎日を心穏やかに楽しく過ごせるようになれるとハッピーですよね♪

スポンサーリンク

シングルタスクとマルチタスク

最近私がよく耳にする、シングルタスクマルチタスク

ご存じの方も多いと思いますが、念のために簡単に説明したいと思います。

 

  • シングルタスクとは…1つの作業に集中すること
  • マルチタスクとは…同時に複数の作業をすること

 

なんとなくマルチタスク(同時に複数の作業をすること)が効率が良いような気がしませんか?

例えば、テレビをみながら料理をする・パソコン作業をしながら食事する・人と話をしながらメールチェックをする、など。

 

 

ところが、人間の脳はマルチタスク(同時に複数の作業をすること)をするようにはできてなく、

脳には悪影響のようなのです。

 

アメリカのスタンフォード大学の研究によると、

マルチタスクの生徒はシングルタスクの生徒より成績が良くない…という結果になったそうです。

 

同時に複数の作業をするマルチタスクは、ストレスがたまりやすくミスをまねき

出来た気になっているだけで非効率的でストレスがたまるということです。

シングルタスクに切り替える

マルチタスク(同時に複数の作業をすること)が脳に良くないときくと

すぐにシングルタスク(1つの作業に集中すること)に切り替えたほうが良いですよね。

 

シングルタスク(1つの作業に集中すること)なんて簡単と思えますが、

同時に複数の作業をこなせて快感を覚えていることも多いと思います。

 

シングルタスクに移行する方法は、

マルチタスク(同時に複数の作業をすること)ができない環境を無理やりつくることです。

 

運転中でもすぐにスマホをさわってしまう人は、

運転中はスマホを後ろの席に置く。

 

家事をしながらテレビをみてしまう人は、

家事をする時はテレビをつけず(テレビのコンセントを抜く・リモコンを遠いところに置く)

BGM代わりに音楽をかける、など。

(音楽を聴きながらの作業は、マルチタスクになりません。

音楽を聴いている時に使っている脳の部分と、

作業をしている時に使っている脳の部分は

別の場所のようです。)

 

シングルタスクで大切な自分自身の脳を守り、ストレスを手放して

心穏やかで幸せなだな~と感じる日々を過ごせたら素敵ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事