マウスピースで、歯ぎしりから歯を守る。
スポンサーリンク

歯ぎしりが歯をすり減らすって、知っていましたか?

小さい頃から歯ぎしりがすごいと言われてきましたが、そうなんだ~くらいで特に気にしていませんでした。

40代になると、自分の健康…体や歯などに色々な不快な症状が出始めており、特に歯は気にするようになってきます…。

スポンサーリンク

歯ぎしりで歯がすり減っていると指摘される

つい最近ですが、歯医者へ行きました。

上の前歯の着色が目立って、虫歯では?と心配になったからです。

歯医者へ行くと、「虫歯じゃないよ。安心して」と言われホッとしました…。

着色の原因は、私の大好きなカフェオレと、毎日欠かさず愛飲いている栄養ドリンクだと思います。(何度もやめようと思いましたが、意志が弱く断念しています。)

歯医者の先生に、「カフェオレやめなさいとは言わないよ。着色が気になったら、歯医者へ磨かせにきてね。」というようなことを言われました。

「着色よりも、前歯のすり減りが気になるね。歯ぎしりしているじゃない。歯を守るという役割の、マウスピースをつくることをおすすめする。」とも言われました。

私は小さい頃から、歯ぎしりがすごいと言われています。(寝言もすごく言っているようです。関係ないですね…。すみません…。)

若い頃は、歯ぎしりが原因かわかりませんが、顎関節症(口が大きく開かない)にもなりました。

歯医者でつくるマウスピースは、スポーツ用品店で売っているようなマウスピースとは違うよ、みないなことも言っていました。(スポーツ用品店でマウスピースって、売っているんだと軽く驚きました。)

歯ぎしりで、歯が欠けて歯を失う原因にもなるといわれ、私はマウスピースをつくることにしました。

その日は、歯を白く磨いてもらい、(歯の白さって何気に気になりませんか?私だけですかね…)マウスピースの型取りをして終わりました。

出来上がりは一週間後でした。

スポンサーリンク

マウスピース完成!装着するようになって…

一週間後に歯医者へ行き、マウスピースの噛み合わせをチェックしました。

歯医者の先生が、「つけ始めは違和感があるし、朝目が覚めたら、枕元にマウスピースが転がっているかもしれない。つけ続けて、歯が痛いとか出血するとか、あごに違和感があるとかなら、すぐに歯医者きてください。」というようなことを言っていました。

歯科衛生士さんから、マウスピースの装着方法(簡単です)やお手入れの仕方などを教わりました。

さっそくその日から、マウスピースを装着して眠ることにしました。

装着しての感想は、こんな感じなのか~と思ったくらいです。

もっと違和感があるのかと思っていたので、これなら毎日装着して眠るのも、苦にならないと思ったくらいです。

寝る時に、マウスピースを装着するようになって数日たった頃から、マウスピースを装着すると、安心感というか落ち着く気持ちになるのです。

歯が守らているという安心感ではなく、装着しているとなんだか心地良いのです。(うまく表現できなくて、すみません…。)

装着するようになって、気づいたことがあります。

偶然かもしれませんが、頭痛が減って頭痛薬を飲む回数が減っているのです。

(私は頭痛持ちです。ほぼ毎日、市販薬を飲んでいました…。)

ふと、最近頭痛薬飲んでないな、良かった~と思っていました。

なんでだろうと考えたときに、最近の変わった事といえば、マウスピースを装着するようになったので、もしかしてマウスピースが関係しているのかなと思ったのです。(頭痛が減った、本当の原因はわかりませんが…。)

スポンサーリンク

さいごに

もし、歯ぎしりやマウスピースをつくるかどうかで、悩んでいる方がいてこのブログが参考になれば嬉しいです。

私は歯医者でマウスピースをつくって良かったと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
おすすめの記事