仲邑菫(なかむらすみれ)【囲碁棋士】は日本人?両親はどんな人?
スポンサーリンク

最年少囲碁棋士の仲邑菫(なかむらすみれ)初段が、第5回扇興杯女流最強戦の本戦1回戦で敗れた…、というニュースをみました。

写真をみると、まだあどけないとても可愛らしい女の子です。

名前の漢字から、日本人なのか疑問に思ったので調べてみることにしました!

スポンサーリンク

仲邑菫(なかむらすみれ)さんは日本人?プロフィール

  • 生年月日:2009年3月2日
  • プロ入り年:2019年
  • 出身地:東京生まれ・6歳から大阪へ
  • 所属:日本棋院関西総本部
  • 師匠:仲邑信也(お父さん)
  • 段位:初段
  • 好きな食べ物:焼き肉・キムチチゲ
  • 好きな教科:体育

調べた結果…、

仲邑菫さんは日本人で間違いありませんでした!

パソコンで「なかむら」と入力して変換すると、「仲邑」ときちんと出てくるのには驚きました!

引用:https://www.sankei.com/

余談になりますが、「仲邑さん」という苗字ですが、全国におよそ140人程のようです。

仲邑さんの多い地域トップ5
  1. 東京都  およそ40人
  2. 千葉県  およそ30人
  3. 香川県  およそ30人
  4. 兵庫県  およそ20人
  5. 福岡県  およそ10人

 

仲邑菫さん、なんと3歳から囲碁を覚えたそうです!

3歳から囲碁を学んでからは、毎日7~9時間を囲碁の勉強に費やしているとの事です。

そして、本格的に囲碁を学ぶため、週末に日本と韓国を行き来する生活をしていました。

さらに、囲碁を学ぶために、家族で韓国のソウル市に引っ越して囲碁短期留学をしたそうです。

 

子どもの才能を伸ばすためには、当たり前ですが家族の理解と協力がないといけませんね…。

韓国での囲碁修行の経験があるから、仲邑菫さんは韓国語が上手なんですね♪

仲邑菫さんが、韓国語で受け答えをしている動画があります↓↓↓↓↓

本当に普通のとても可愛らしい子どもにしか見えないのですが、頭の中は囲碁の知識が豊富な賢い女の子なんですね♪

純粋に、可愛らしい女の子だな~と思います♬

スポンサーリンク

仲邑菫(なかむらすみれ)さんのご両親について

仲邑菫さんのお父さんのプロフィールです。

  • 囲碁棋士
  • 仲邑信也(なかむらしんや)
  • 生年月日:1973年4月10日
  • 出身地:大阪府
  • 段位:九段

続いて、仲邑菫さんのお母さんのプロフィールです。

元囲碁インストラクターで、仲邑幸(なかむらみゆき)さんというお名前です。

生年月日などの詳細は不明です。

仲邑幸さんの妹さんは、プロ棋士の石井茜さんとの事です。

 

仲邑菫さんは、囲碁のサラブレッドですね!

 

仲邑菫さんが、お父さんとお母さんと一緒に記者会見している動画です↓↓↓↓↓

優しそうなご両親ですね♪

スポンサーリンク

まとめ

仲邑菫さんは、日本人です。

囲碁修行で韓国に留学経験があるため、韓国語が上手に話せるようです。

仲邑菫さんのお父さんは囲碁のプロの棋士で、お母さんは元囲碁インストラクターとの事です。

囲碁のサラブレッドの血を引く、仲邑菫さんから目が離せません。

これからの活躍を楽しみに、応援していこうと思います♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事