コロナ禍の読み方や意味は?使い方は?
スポンサーリンク

ネットでよく目にするコロナ禍

なんとなくコロナうずと読んでいましたが、正しいのかな?と思いました。

コロナ禍の読み方や意味、使い方など疑問に思ったことを調べてみたのでご紹介します!

スポンサーリンク

コロナ禍の読み方や意味

コロナ禍の読み方はコロナか」でした!

パソコンで「か」と入力して変換すると、「禍」と出てきました。

ちなみに私は「コロナうず」と読んでいたのですが、「うず」と入力して変換すると「渦」で微妙に違っていました…。

Twitter情報をみて、読み方がわからなかったのは私だけじゃなかった~と、すこしホッとしました。笑

 

コロナ禍の「禍」ですが、「わざわい」とも読みます。

禍(か・わざわい)は、天災や事故など不幸をひきおこす原因、嬉しくない出来事を指す言葉です。

 

コロナ禍とは、新型コロナウイルスによって、大変な不幸や大変な出来事になっている事を意味します。

 

コロナ禍の意味は、なんとなく頭ではわかっていましたが、言葉や文章にすることでより理解が深まりました!

スポンサーリンク

コロナ禍の使い方

コロナ禍の読み方や意味がわかると、コロナ禍の使い方が自然とわかってきました。

必死に考えて、思いついたコロナ禍の使い方です…。

  • コロナ禍でも、マスクをせずにスーパーで買い物をしている人がいた。
  • コロナ禍で、在宅勤務が増えたり働き方が大きく変わることは間違いない。
  • コロナ禍で、私たちのこれまでの価値観が大きく変わるだろう。

 

コロナ禍が使われなくなる日が、少しでも早くきてほしいです…。

スポンサーリンク

まとめ

コロナ禍の読み方「ころなか」。

コロナ禍の意味は、新型コロナウイルスによって、引き起こされた様々な災難を意味しています。

 

三密をさけたり不要不急の外出をしないなど、自分自身ができることを徹底して行っていき、コロナ禍とおさらばしたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました♪

スポンサーリンク
おすすめの記事